HOME > 秘密証書遺言

秘密証書遺言の作成

 秘密証書遺言とは、『遺言の内容』を秘密にしたまま、その『存在』のみを証明してもらう遺言のことをいいます。


作成方法

書き方について

   遺言の内容は自筆である必要はありません。

    (例) パソコンで作成した遺言
        他人が代筆した遺言      も有効です。

作成の流れはこんな感じです!

   遺言の内容を書いた証書に署名・押印をする
    
   その証書を封じ(封筒などに入れ)、証書に用いた印章で、これに封印をする
    
   公証役場で、公証人および証人2人以上の前に封書を提出。自己の遺言である旨並びに
   その筆者の氏名及び住所を申述する
    
   公証人が証書を提出した日付、遺言者の申述を封書(封筒など)に記載する
    
   遺言者、証人、公証人がそれぞれ、これに署名・押印する


  作成のメリット

   偽造・変造の心配がほとんどありません。

   内容を秘密にしたまま、遺言書の存在を明らかにすることができます。

  作成のデメリット

   公証役場での手続きが必要なため、手間と費用が掛かります(11,000円)。
   証人が2人必要です。

   遺言の内容を公証人が確認するわけではないので、遺言としての要件が欠ける恐れが
   あります。
    この場合でも、自筆証書遺言の方式を満たしているときは、自筆証書による遺言とし
    て、効力を有します。)

   遺言の滅失、隠匿、見つからない恐れがあります。


▲ページトップに戻る