HOME > 夫婦で遺言!

夫婦で遺言を!

夫婦相互遺言をおすすめします!

 最近は、ご夫婦で遺言を作成する方も増えています。

 自分が先だった時の配偶者の生活、老後が困らないようにしたいというのが理由のようです。


 遺言があれば、遺留分を請求されることはありますが、多くの部分で、あなたの配偶者への思いは実現されます。

 とくにお子さんがおらず、相続が発生した場合には、あなたの配偶者と兄弟姉妹が、相続人となる場合に、夫婦相互遺言を強くおすすめします。

 なぜなら、兄弟姉妹には遺留分がありません。遺言で、配偶者に全財産を渡すとしておけば、遺産分割協議をすることなく、すべてあなたの配偶者に財産を渡すことができます。

                                      遺留分とは

2人で一つの遺言は作れません!!

    共同遺言の禁止
   民法では、「遺言は、2人以上の者が同一の証書ですることはできない」と規定していま
  す。

   どんなに仲がいいご夫婦でも、一つの遺言を一緒に書くことはできません。争いを避けるた
  めにも、個人の意思を明確にしておかなければならないからです。相手を想えばこそ、しっか
  りとした形で残しておきたいですよね。

   それぞれが、“配偶者に全財産を相続させる”という遺言をきちんと、別々に作成しましょ
  う。また、相手が先に亡くなった場合にどうするのかも、書いておきましょう。



▲ページトップに戻る