HOME > 公正証書遺言作成 > 公正証書作成手数料

手数料一覧

       
 目的の価額 手数料
100万円以下 5000円
100万円を超え200万円以下 7000円
200万円を超え500万円以下 1万1000円
500万円を超え1000万円以下1万7000円
1000万円を超え3000万円以下 2万3000円
3000万円を超え5000万円以下 2万9000円
5000万円を超え1億円以下 4万3000円
1億円を超え3億円以下 4万3000円に5000万円までごとに
1万3000円を加算
3億円を超え10億円以下 9万5000円に5000万円までごとに
1万1000円を加算
10億円を超える場合 24万9000円に5000万円までごとに
8000円を加算

   手数料は、各相続人・各受遺者ごとに計算をします。
   目的の価額の合計額が1億円未満の場合は、遺言加算として、1万1000円が加算されます。
   祭祀主宰者の指定は、別に手数料として1万1000円が加算されます。
   遺言者が病気などで、公証役場に出向くことができず、公証人が遺言者の自宅や入院先に出
   張する場合、遺言加算を除いた目的価額の1.5倍が基本手数料になり、これに遺言加算を加えま
   す。そのほかに、旅費(実費)、日当(1日につき2万円、4時間まで1万円)が必要になります。
   作成された公正証書遺言の原本は、公証人が保管しますが、保管のための手数料はかかりま
   せん。

  計算例

  @ 3000万円の財産を1人に残す遺言の場合

   2万3000円(手数料)+1万1000円(遺言加算)=3万4000円

  A 3000万円の財産を1000万円ずつ3人に残す遺言の場合

   1万7000円(手数料)×3(人)+1万1000円(遺言加算)=6万2000円


   このように、財産の金額が同じでも、内容によって手数料の金額は異なります。


▲ページトップに戻る