HOME > 遺言を作成したほうがいい方

このような方には、特に遺言書の作成をお勧めします

  夫婦で子供がいない方

   お子さんのいないご夫婦の場合、相続人は、配偶者と被相続人の親。親が健在でなければ、
  兄弟姉妹。兄弟姉妹に存命でない方がいれば、その子(甥姪)が相続人となります。

   親の場合、遺留分が請求される可能性もありますが、できるだけ多く、配偶者に財産を残し
  たいと思うなら、遺言は書いておいたほうがいいでしょう。


  配偶者を亡くした方

   相続でもめるのは一次相続より、二次相続だといわれます。

   まだ親の一人が存命の場合、子どもたちも健在の親が多く相続したとしても、なにか言うこ
  とはあまりありません。なぜなら、いずれ自分のもとに来ると思っているからです。

   では、あなたが亡くなったら?
   子供たちは、自分の主張を始めるでしょう。これが原因で兄弟の仲も・・・、なんてことも
  珍しくはありません。

   遺言で家族のきずなは守れます。


  離婚をしたことがあって、前婚のときの子供がいる方

   前婚の時にもうけた子どもも、相続人になります。

   離婚後、連絡を取っていなかったり、存在を今の家族に伝えていなかったりすると、余計な
  手間や、面倒な手続きが増えることもあります。遺言によって、これを回避しましょう。


  内縁関係(事実婚)のご夫婦

   婚姻届を提出していないと、相続人にはなれません。内縁の夫(妻)に財産を残したいな
  ら、遺留分請求の可能性はありますが、遺言で、遺贈という形で財産を残すことができます。


  相続人以外の人に、財産を譲りたい方

   自分の子供の配偶者や友人など、お世話になった方に財産を残したい場合、遺留分請求の
  可能性はありますが、遺言で、『遺贈』という形で、財産を譲ることができます。


  法定相続分と異なる遺産分けをしたい方

   家業で、農業や商店をしている場合に、家業を継ぐ者に農地や店舗を残したいと思っても、
  財産がほかにないときには、通常の相続分で遺産分割をしてしまうと、家業が続けられなくな
  ることもあります。

   遺留分請求の可能性はありますが、遺言で指定することで、トラブルも防げるでしょう。


  身寄りのない方

   相続人や特別縁故者がいない場合、財産は国庫に帰属します。ある団体への寄付など、あな
  たの築いた財産の行き先に想いがあるのなら、遺言として、形に残しておきましょう。

     特別縁故者
     被相続人と生計を同じくしていた人、被相続人の療養看護に努めた人をいいます。



▲ページトップに戻る