HOME > 遺言執行者とは

遺言執行者とは

  遺言執行者とは、遺言により指定され、または、家庭裁判所に選定され、その就任を承諾した
 者をいいます。

  相続人の代理人として、遺言に書かれたことを実現するのに(遺言執行といいます。)必要な一
 切の行為をすることができます。

  遺言執行者がいる場合、相続人は以下のことはできません。

    勝手に相続財産を処分すること
    遺言の執行を妨げる行為をすること


   円滑な遺言の執行に遺言執行者は、重要、不可欠です。

  銀行などで、口座の解約・名義変更をするときも、原則遺言執行者の署名・実印の押印で手続
 きが可能になるなど、負担を減らすことができます。

  遺言を作成するときには、相続人の負担を減らすためにも、遺言執行者は指定しておいた方が
 いいでしょう。

  未成年者と破産者は、遺言執行者にはなれませんが、とくに第三者である必要もなく、相続
 人の中から、指定することができます。

  あなたの遺言を、誠実に、確実に執行してくれる方を指定しておきましょう。


▲ページトップに戻る