HOME > 遺言書の種類

遺言書の種類

 遺言の方式には、3つの普通方式と4つの特別方式があります。一般的には、普通方式の中の自筆証書遺言と公正証書遺言が、多く利用されています。ここでは普通方式の3つについてご説明します。

  自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
作成の方法  遺言者が、全文・日付を自分で書き、署名・押印する。  遺言者が、公証人と打ち合わせ後、証人2名の立会いのもと、作成する。  遺言の内容を書いた証書を、公証役場に提出し、証人立会いのもと作成する。
作成の費用  不要  財産の額や内容に応じて必要  11,000円
証人  不要  2人以上  2人以上
遺言者が亡くなったときの手続き  家庭裁判所への検認が必要  特になし  家庭裁判所への検認が必要
その他  遺言書の紛失・隠匿のおそれ、法的不備により無効になる場合がある。
 また、遺言の真贋をめぐる争いが起こることもある。
 原本は公証役場で保管され、正本と謄本が交付される。
 紛失や無効になることは、まずない。
 遺言書の紛失・隠匿のおそれ、法的不備により無効になる場合がある。
 内容を秘密にしたまま、遺言書の存在を明らかにできる。

     さらに詳しく       自筆証書遺言      公正証書遺言

                  秘密証書遺言       遺言作成Q&A


▲ページトップに戻る